トップ / 布ナプキンの買い替え時は?

布ナプキンを長く使う

布ナプキンの買い替え時は?

布ナプキンは5年前後は持つ

経済面での負担が減り、ゴミが出なくなることからエコ活動にもつながる布ナプキン。もちろん、使い捨てのナプキンよりも長く持ちますが、大切に扱っていても、いずれは寿命が訪れます。

古く痛んだものをいつまでも使用していると、デリケートゾーンの肌荒れにもつながってしまいます。布ナプキンを使用するときは、買い替え時もしっかり見極めなければなりません。一般的に、布ナプキンの寿命として「5年前後はもつ」と言われています。と言ってもこちらはあくまで目安の数字あり、素材によっても変わりますのであくまで参考程度にしましょう。

実際に着用する上で、肌触りが気になってきたときが買い足し時です。ふんわりとした質感が消えゴワゴワとした感覚があったり、生地に固さを覚えはじめたりしたら、新しいものを買い足しておきましょう。

なぜ「買い替え」ではなく「買い足し」かと言うと、肌触りが多少劣化してもナプキンとしては十分使えるからです。多い日や長距離移動時などモレが気になる日には、ふんわりとした肌触りの新しい布ナプキンの下に古いものを重ねて使いましょう。ドキッとした瞬間にも、二枚のナプキンがモレを防いでくれます。

さらに、布ナプキンの大切なポイントは生地の質感だけではありません。ナプキンが本来の機能をしっかりと果たすためには、防水機能が欠かせません。何度も使用し洗濯を繰り返していると、次第に防水布が痛みモレを起こしてしまう場合があります。

ここが、寿命の見極めポイントです。防水布が思ったように機能しなくなったら処分しましょう。「実際に着用したときに感じる肌触り」と「防水効果」をよく確認した上で、新しい布ナプキンを買い足し、そして買い替えするようにしましょう。

Copyright © 布ナプキンで節約ができる. All rights reserved.